読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界史 1 - グラディエーター ( Gladiator )

世界史

2000年に公開された『グラディエーター』。

 

帝政ローマを描いた作品で、アカデミー賞作品賞ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞するなど高い評価を得ている。

(ちなみに私は映画部で見るまで知りませんでした)

  

 

ローマの歴史は大雑把に分けると、

王政 (BC753~BC509) → 共和制 (BC509~BC27) → 帝政 (BC27~) となっていて

 

その後 ローマは 東西分裂(AD395) し、

西ローマ帝国(~AD476) と 東ローマ帝国(~AD1453) となる。

 

f:id:Fukuchilab_Movie:20160420201124p:plain

 

 

 

王政とは?

  • 一人の王が絶対的な権力を持っている
    • 王の一存で物事が決められる
    • 悪い王だと国が亡びる
  • 王政最後の王がした以下のことにより、王政が終わる

    • 前王派の議員を皆殺し
    • 他国と同盟を結んだ結果、国民に属国になったと勘違いさせてしまった
    • 王の息子が他人の妻を襲う

 

 

 

共和制とは?

  • 君主が存在しない国家 (現代日本は天皇が君主なので共和制ではない)
    • 日本の場合は天皇に政治的権力はないので「民主制」である
  • 国のトップ(元首)を国民から選ぶ
    • 国民から選ぶだけで,元首による独裁もありうる
  • 属州・属国という考え方
    • それぞれの国に自治を認めるもののローマに税を納める必要あり
  • アッピア街道の建設
    • 全ての道はローマに通ず」とまで言わせた道
  • 属州や属国の人間がローマ市民権を求めて反乱(ついでに剣闘士も反乱)し、共和制も終わる

 

 

帝政とは?

  • 世襲制の皇帝による属国支配
    • 皇帝は国王を統べるものというイメージ
  • 形式上は「皇帝」=元首なので,ローマ市民の支持が必要
    • 市民の支持がない皇帝はすぐ死んだ(暗殺,自殺,事故死…)
    • 一応共和制の体でいく
    • ローマ市民の代表なのでローマに支配された国の人でもなれた

 

 

帝政ローマの時代区分

 ・ユリウス・クラディウス朝 (約100年、5人の皇帝)

 ・5賢帝+αの時代 (96~192)

   f:id:Fukuchilab_Movie:20160420204010p:plain

    - アウレリウス(最後の五賢帝)以外は実子がおらず養子を帝位に

    - 実質的な元首性(共和制)の復古

    - この時代が映画の舞台!



 

以下ネタバレのオンパレードなので注意!

 

 

 

あらすじ 

 

ローマ皇帝は平民出身のマキシマス将軍を気に入っており、自分の息子(コンモドゥス)ではなくマキシマスを次の皇帝に選ぼうとする。

 

しかしコンモドゥスはそれを知って父の首に手をかけたのだった。息子は皇帝が老死したとして、マキシマスに自らを皇帝として忠誠を誓わせようとする。暗殺に気づいたマキシマスはそれを拒絶し、処刑されることになる。

 

マキシマスは処刑の手に打ち勝ち、故郷へ急ぐも妻子は無残に殺された後であった。力尽きた彼は奴隷として売買され、剣闘士として戦わねばならなくなった。

 

 

 

 

f:id:Fukuchilab_Movie:20160420194700j:plain 

                       これが主人公のマキシマス将軍 ↑

 

            で、これ↓がコンモドゥス(悪気はない!)

f:id:Fukuchilab_Movie:20160420195304j:plain

 

 

 

剣闘士

    • 剣闘士同士の戦い や 剣闘士vs野獣という構図で競技場内で戦わせるf:id:Fukuchilab_Movie:20160420204940p:plain
    • 五賢帝の時代に最高潮
        • 一日で5000頭の野獣が殺される
        • コンモドゥス帝も自ら剣闘士になり,735回戦う
        • トラヤヌス帝の時代には1万人の剣闘士を集めた闘技会を開催
    • ローマ神話では肯定されているがキリスト協会は否定的
        • キリスト教が380年に国教になると剣闘士は洗礼を受けられなくなり,衰退

 

 

 関連事項

  • アウレリウス(最後の五賢帝)の時の共同皇帝あたりが複雑
    • 161~169:アウレリウスとルキウスの共同統治
    • 169~177:アウレリウスの単独統治
    • 177~180:アウレリウスとコンモドゥスと共同統治
    • 180~192:コンモドゥスの単独統治